太陽光発電のメリットのひとつとして、メディアがよく取り上げるのが、クリーン・エネルギーという点です。火力発電のように、発電時に二酸化炭素や窒素酸化物を発生することはありませんし、もちろん、原発のような危険性もありません。が、自宅の屋根にソーラーパネルを取り付けて、太陽光発電にすることを考える時、最も気になるのは、コスト面でのメリットではないでしょうか。
太陽光発電による電気は自宅で使うことになるので、これまで電力会社に支払っていた電気代は安くなります。余った電気は電力会社に買い取ってもらうことも可能です。つまり、コスト面では、電気代削減と売電の2種類のメリットが生まれるのです。
その一方で、ソーラーパネルの設置には、多額の費用がかかるので
、回収するのにかなりの年月がかかるというデメリットがあります。企業や自治体の宣伝にもかかわらず、太陽光発電の普及が今一つ伸びない理由は、初期投資に費用がかかるためと言われています。また、発電できるのは日中のみ、天候が悪ければ発電量が減るなど、常に発電ができるわけではないというデメリットもあり、電気の消費量が多い家庭では、売電にまわせるほどの発電ができない場合もあり、初期投資の金額を回収するのに、数十年かかってしまうこともあります。このコスト面での負担を抑えて、太陽光発電の普及を促すために、ソーラーパネルを設置すると、自治体によっては補助金が出るところもあります。
また、発電できない夜間に供えて、蓄電池を設置する家庭も増えています。蓄電池についても、国や自治体の後押しがあり、補助金を受け取ることができます。

そして、太陽光発電の導入には、コスト面以外のメリットも見逃せません。まず、自宅で発電するため、災害時に付近が停電となっても、自宅では電気が使えるので安心です。蓄電池があれば、太陽光発電ができない夜間でも電気を使うことが可能です。
また、屋根にソーラーパネルを取り付けることで、夏は、屋根に直接当たっていた太陽光が遮ることにより、室内の温度上昇を抑え、冬は、屋根からの放射冷却を抑えて、室内の温度の低下を防ぐという効果があります。つまり、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる家となり、結果として電力の消費がより抑えられることになります。
さらに、太陽光発電に切り替えることで、電気に対する意識が変わるというのも、大きなメリットです。日頃から節電を心がけたり、エコに対する関心が高まったりすることで、生活も心豊かになったという声が多く聞かれます。